2006/06/07

ハトの仕事

春でもなく夏でも無くそして梅雨にも成り切ってない数日。
仕事が暇でした。

そんな訳で会社で外を見てたらハトが飛んでたんです。
同じ職場の男にふとした疑問をぶつけてみました。

タメゾー 「鳥って飛んでる時に突然死しないのかね?」
職場男 『そりゃ死ぬんじゃないの』
タメゾー 「でも一度も"ハトが落ちてきた"なんて話聞かんよ」
職場男 『奴らもずっと街中を飛んでるわけじゃないし』
タメゾー 「しかし、ハトにとっては公園なんかで餌を探すのが仕事だろう」
職場男 『まあね』
タメゾー 「人間で言う所の過労死みたいに公園死んだ奴を見たことが無い」
職場男 『確かに』
タメゾー 「奴らにとっては公園は仕事場なんよ」
職場男 『でも休むのは自由だし、失敗しても首にならないし倒産もない』
タメゾー 「倒産は有るよ」
職場男 『え?』
タメゾー 「よーし、今日も仕事だホロッホー」
職場男 『ああ、ハトねw』
タメゾー 「いつもの職場でハトおばさんに豆貰うぞホロッホー」
職場男 『w』
タメゾー 「んがっ!ハトおばさん居らんやんけーホロッホー!」
職場男 『それが倒産かよw』
タメゾー 「倒産でしょう」
職場男 『確かにねw』
タメゾー 「そんな感じでストレスが溜まったハトの突然死ってのを見てみたい」
職場男 『ハトおばさんが居なくなって心臓発作すか』
タメゾー 「おばさんだけじゃないけど、ハトなりにストレスは有るでしょ」
職場男 『んで、急に空からハトがドスッと?』
タメゾー 「急に空からハトがドスッと。」
職場男 『調子が悪くなったらその辺に緊急着陸するんじゃない』
タメゾー 「そうだとしてもハトの死骸自体見ないでしょ」
職場男 『うーん、そう言われれば数の割りに見ないねぇ』
タメゾー 「一体何処で死んでるんだろう、鳥たちって。
      職場であるハトおばさんの前でも死んだって話し聞かんし」
職場男 『そもそもハトおばさんが知り合いに居ないでしょw』
タメゾー 「豆くれ×#ょホ゛ロ゛ッ゛ホ゛ォ゛ぐはっ」
職場男 『(笑) 声が変わるんですか』
タメゾー 「そりゃ死に掛けですもんw 聞いたこと無いような声だしますわな」


とまぁ、取り留めの無い話をしてたんだけど仕事が忙しくなって、結局結論は出ないまま。
誰か知ってます? 鳥の飛行中の突然死と、死に場所って。

昔伝説と成ってた象の墓場みたいに、鳥の墓場ってのも有るのかもしれないね。

鳩が来る家
posted by tamezo at 22:15 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
田舎寄りだからかもしれませんが、結構道端で死んでいますよ。犬や猫と同じくらいの頻度で見掛けます。車の運転中に、低空非行する小鳥にぶつかった事もあります。都会ではビルの屋上に落ちていそう…
鳩子 at 2006/06/10 15:30
鳩子さん
はじめまして。
犬猫の亡骸と同じ頻度で鳩も見ますですか、そりゃこのタメゾーの想像してたよりも結構多いっす。
実はこのタメゾー、ビルの屋上マニアで結構な和のビルの屋上を拝見させてもらった事が有るッす。
ビルの屋上には色々あって面白いっすよ、謎のダンボール類が結構有ってそんなのを見つけるとドキドキしますです。
tamezo at 2006/06/10 23:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/18967924
(・∀・)イイ・ランク blogR このブログを評価する
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。