2006/08/17

ハトを助けようとして5人死亡

インドで、井戸に落ちたハトを助けようとして5人が死亡する事故があったと、タイムズオブインディアが報じた。

悲劇はインド北西部グジャラート州のアーメダバード郊外の村で起きた。

9日午後、枯れ井戸に落ちたハトのひなを助けようとした48歳の男性が井戸に入ったまま意識を失った。このため男性の家族5人が男性を助けようと井戸に入ったものの、次々と意識を失って倒れたという。

6人は病院に運ばれたが、5人が死亡、1人が意識不明の重体だという。

警察は井戸の内部に有毒ガスが充満していたものとみて調べている。

国際時事新聞


インドですからね。

平和の象徴で有る鳥ハト。
このハトが平和の象徴と最初に言われ始めたのが、インドなんです。

実はインド国民はとてもハトが好きな事で有名です、日本で言う所の猫並みに家庭で飼われている身近なペットなんです。

それが有ってか、このようなハトに絡む事件もしばしば起こっているようで年間2000人はハト関係の事件で命を落としてるといわれてます。

ついでに言うとウルトラマンAにブラックピジョンという怪獣が出た回はインドでは放送禁止に成ってますし、昔からの諺で「ハトをないがしろにする物は風邪を引け」なんてのも有るぐらい昔から「ハト鳩はと」な生活を送っているんです。



ちなみにこのタメゾーは鳩胸大好きでs

鳩のなかの猫
鳩のなかの猫
posted with amazlet on 06.08.17
アガサ・クリスティー 橋本 福夫
早川書房 (2004/07/15)
売り上げランキング: 33,903
おすすめ度の平均: 5
5 お得意の中東を題材にして書き上げた、アガサ唯一の学園物ミステリの傑作
5 女子校での殺人事件!

posted by tamezo at 23:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 事件・事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
(・∀・)イイ・ランク blogR このブログを評価する
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。