2006/12/10

少年がタマゴを投げつけた相手に射殺される

12月2日早朝。3人の子どもたちが道路沿いに集まっていた。その中に中学3年生のダニー・クロフォード君(14)がいた。彼らは道路を通過する車にめがけて卵をぶつけるいたずらをしていたのだ。いったい何台の車に卵をぶつけたかはわからない。別のSUV(多目的スポーツ車)が通りかかった。卵が車の側面に当たった。

SUVが止まり、男性が出てきた。銃を持っていた。3人はクモの子を散らすように逃げ出したが、男性が追いかけてきた。一人の少年が、その後6発前後の銃声を聞いた。少年たちは、その後警察に対し、ダニー君は当時卵を投げていなかったと話している。

 ダニー君は、男性に追い詰められ、背中を撃たれて死亡していた。少年たちの通報を受け、警察も捜索を開始。撃った男性は、その後車を運転し、その後車を乗り捨ていた。車の照合から、57歳の白人女性が所有する車と判明しているが、今のところ、誰も逮捕されていない。

ダニー君の突然の死に多くの関係者が悲しみに包まれている。死に値するほどのいたずらだったのかと疑問を呈する声も上がっている。

livedoor


人の事言えませんけど、元記事は凄く読み難いです。
ま、それはいいとして射殺ですよ。

アメリカでは射殺事件は日常的に起こってるんですけど、卵に対して弾丸で報復。これは日本人や被害者の関係者にとっては「どうしてそこまで」と言う感想が一番に浮かぶでしょうが、それはそれです。

卵をぶつけられた「被害者」にとっては許しがたい行為だったわけです。
僕が昔旅したニューメキシコの有る町では卵自体売ってませんでした。
旅先の安ホテルの従業員に聞いたら「なぜそんな事を聞くんだ! 出て行ってくれ!」と話しかけただけで町から追い出されたりしたんです。
仕方なく20マイル先の町へ行って事情を聞いてみると「あそこは卵をめぐって住民同士で殺し合いをした過去が有る」と教えてくれました。
その町では卵は所謂禁忌な存在で、災悪の元凶、悪魔の卵などなどいろいろな意味と言葉で嫌われてたわけです。


ちなみにその町の少年がヨッシーのタマゴをめぐって任天堂を訴えたとか訴えてないとか。
posted by tamezo at 15:51 | Comment(4) | TrackBack(0) | Bニュース
この記事へのコメント
すげえな、卵爆弾=死か。

さすがは、外国。
やることがすげぇ。
黒猫 at 2006/12/11 05:06
ま、日本も視線を合わせただけで殺人って事件もありましたからね。

僕も目から殺人ビームを出せるんですけど、視力が落ちて自信が無くなりましたw
tamezo  at 2006/12/11 21:59
目からビーム。
いったい何人の人が犠牲に・・・・。
黒猫 at 2006/12/12 13:14
殺人ビームと言っても基本的には中性子を照射してるだけですからね、爆発するような事は無いですw
気合入れないと出ないしw
tamezo  at 2006/12/14 20:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/29344840
(・∀・)イイ・ランク blogR このブログを評価する
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。