2006/01/15

サンダーパンツ【06-10本目】

何処の誰のシナリオでどんな責任者がどう言う事情でOK出したのか疑問に思ってしまった。
何が疑問って総てなんだけど、かかわったスタッフの誰もが思わなかったのだろうか?

「どこが面白いんだ、この映画??」って。

ストーリーは
生まれた時からオナラが止まらない小学生はうだつの上がらないいじめられっ子。
当たり前と言えば当たり前だ。数秒に一度強烈なオナラを出し続け家族にさえ公害扱いされるんだから。

その小学生に友達が出来る。その少年は都合ヨロシク天才発明家でった。
天才君は屁コキに新発明サンダーパンツを提供するとその後謎の失踪をしてしまった。
その天才君の作ったサンダーパンツを装着すると外にオナラが漏れずにメタンをボックスに回収できると言う。

tp1.jpg
こんな感じだから虐められてもしょうがない


途中更にいじめられてパンツが壊れて学校でカタルシスが起きたり、なぜか世界的オペラ歌手と共に失踪した天才君を探しの旅に出て世界中でオナラ演奏したり、ライバルオペラ歌手が死亡した原因として前代未聞のオナラ裁判にかけらけられたりする。

無茶苦茶だ。

そんな出鱈目なある日、突然アメリカ航空宇宙局の人々と天才君が現れる

天才君「実は数日前から問題が発生していたロケット・ペガサスの補助ブースターの
   問題解決のために協力していたんだよ」
屁コキ「それで失踪したんだね」
天才君「そうなんだよ」

って、失踪したのは数日前だったのかよ!
じゃぁ屁コキが世界中を旅して回ったとか裁判にかけられたとかも経った数日の事かっ!
クリリンのことかッ!!!!

で、天才君の話によると「ペガサスの補助ブースターが修理不能で宇宙飛行すが帰ってこれない、この問題を解決するには君のオナラパワーが必要なんだ、君のメタン発生率はどんなエンジンにも…」

そんなこんなでオナラでロケットを飛ばして終わり。


コメディーだと思うんだけど、何処で笑ったら良いのかさっぱり分からんし、オナラでロケットを飛ばすと言う発想自体子供でさえ思いつかない。
そもそもメタンだけ有っても酸化剤が要る訳だし、発生源が不安定な燃料なんてロケットに使えないし、それ以前にメタンの爆発力でアレだけ巨大なロケットを飛ばせる訳がない。
飛ばせられるのなら最初からそう言うロケットが作られるはずだし、っていうか普通にタンクにメタンを溜め込めよ。
子供の肛門にパイプを直結して飛ばすロケットなんて…



因みにロケットの名前もサンダーパンツ。

何処がパンツなんだ

サンダーパンツ! デラックス版
ジェネオン エンタテインメント (2004/04/23)
売り上げランキング: 25,666

posted by tamezo at 13:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | クソ映画

2006/01/03

【映画】ヴァンパイア・ソルジャー

アフガンで一緒に戦ってきた主人公の戦友がヴァンパイアに噛まれて帰国後にヴァンパイアになるというお話。
友が暴れまわってるからって格好つけて主人公が戦うんだけど、殆ど動かないで勝つ。
アクションらしきアクションは皆無だった。
そしてだらだらと時間が過ぎて気付けば終わり。
感想もへったくれも無いですね、しいて言えば主人公のことか。



主人公がですよ、






ヒーローがですよ、













vansol1.jpg
7・3分けの髭デブなのよ!

そりゃアクション出来んわ
posted by tamezo at 21:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | クソ映画

2006/01/02

【クソ映画】ターミネーターX

ターミネーターX

どもども。
元旦からこんなクソ映画を見てしまったタメゾーです。

久々に【クソ映画最高!】を書く訳ですが、まぁこのブログの前身のことなんて覚えてる人&知ってる人なんて極少数ですから、一応簡単にどんな映画のことをクソ映画と呼ぶのかと言うところから入らねば成らんので・・・ 
面倒くさいのでやっぱり割愛! 登場人物の名前は適当に書いてるってことだけ覚えておいてくれたら助かる。

そんなこんなでターミネーターX!
主人公のジョンはニートでネット中毒、まるで今これを読んでいる貴方みたいな人間な訳です。

つづきを読む
posted by tamezo at 01:42 | Comment(2) | TrackBack(1) | クソ映画

2005/12/25

ザ・コア

地球の中心コアが死に掛けているので、ミミズ型地底潜行船で核爆弾を持って行き、コアに衝撃を与えもう一度復活させようと言う映画

(これだけで説明が終わる)

まぁ今見てる途中なんだけど突っ込みどころ満載だねw
何で態々人間が操縦する必要があるのか?
って最初に思ったんだけど、船が昔からあるようなドリル掘削型じゃなくレーザーの熱で岩盤を溶かして潜って行くというハイテクのためかと納得。
この方式なら確かに有線でのコントロールは不可能だ。

しかし何か不思議な力の影響なのか途中で管制室と無線で連絡していたぞ!
普通逆だと思うんだけどなぁ
岩盤を、ましてやこんなわけの分からんレーザーで溶かしたりした状況で電波が使えるとは思えんのだが… でも電波が使えるのなら最初から人が乗り込む必要が無いじゃないか。

そもそも地球の一大事って時に運命をたった1隻の潜行船に任せて良いものなのだろうか?
俺が国主や人類を指導できる立場の人間なら何隻もの潜行船を同時に使えるように用意するんだが…


ザ・コア
ザ・コア
posted with amazlet on 05.12.25
ジェネオン エンタテインメント (2004/11/25)
売り上げランキング: 8,469
おすすめ度の平均: 3.64
3 普通におもしろいけどね
4 ドリルが無いなんて!!
4 地味な映画と思いきや

posted by tamezo at 22:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | クソ映画
(・∀・)イイ・ランク blogR このブログを評価する

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。